ホワイト企業とブラック企業の見分け方コツ紹介

ライフスタイル

ホワイト企業とブラック企業の見分け方コツ紹介

最近では、ブラック企業の話題も依然と比べ減ってきています。働き方改革というのが地味に効果を表してきているんでしょうか? ですが一方では、変わらずにブラック体質のまま何も変わらない、むしろ働き方改革の裏でブラック企業がさらにブラック化してきている現実もあるのです。

今日はブラック企業とホワイト企業の特徴と見分け方について話していきます。

ブラック企業の定義

  1. 時間による拘束が長すぎる
  2. 労働に対しての賃金が見合わない
  3. モラルが著しく低い

大きく分けてこの3点ですね。この全てが含まれるの起業こそがまさにブラック企業であり会社が回っていないがために社員への負担が著しいんです。この中の1つだけが当てはまるくらいであればブラックと呼ばなくても良いかと思いますが、もしかしたら、この全てが含まれない超優良企業もあるのかもしれません。

この3点でいつでも当てはまらないのでのあれば人間は我慢ができることが大多数だと思います 出来る事ならブラック企業は避けたいこれは本音です

ブラック企業とホワイト企業の特徴

離職

離職率に対してブラックとホワイトでの差なんですが、そんなに大差が無いこともあります。ブラックの場合、辞めるに辞めれない、そういう雰囲気にもっていけなかったり人の弱みに付け込まれ逆に辞めれない場合が多い事があげられます。

ホワイト企業は逆に辞めたくない場合が多いので離職率は低めになります。離職率が一番高いのが緩めのブラック企業ですね。社員の意見も聞きやすく、人の出入りが激しくなるのです。手っ取り早く言うと 中途半端なブラック企業こそが一番離職率が高いって事です。

上記にも書いた通り、3点当てはまる起業よりも2点当てはまる企業が一番離職率が高いこれは間違いありません。2点ほど当てはまる場合は会社も辞めやすく、転職もしやすくなりますが、3点当てはまる場合は辞めにくく、病んでしまってから退社してしまうので転職もうまく行かない場合がほとんどです

残業

残業はホワイト、ブラック関係なく基本はあります。ただ、それを労働扱いするかしないか? 要するに賃金として対価をもらえるのかが重要のわけでしてサービス残業なのか、給与に反映されるのか? 残業時間に対しても極端に言えば無限にあるのか? ある程度の上限が決まっているのか?

上場企業であれば、ある程度の労務管理をされている企業が多いので200~300時間残業が発生することなどかなり少ないですが、終わるまで帰れないシステムを導入している企業の場合はかなりツライですね。

こればかりは実際に入社してみて時間が経過しないとわからない事もよくあります。仕事に慣れてきてから残業が発生する企業も少なからずあります。役職をもらい始めてから急に『残業が増えてきた』や『何かしら責任ある事』をやらされ始めた場合に注意が必要です。

そして、大抵の場合は上司から無駄に残業をするなや、なんとかして、時間内に終わるように努力するように指示が飛んできますが、基本無理な場合がほとんどであり、自主的に残業する雰囲気になってしまいます

休憩・休暇

休憩の場合はブラック・ホワイト問わず基本とれる場合が多いですが、業種によっては人不足の企業も多く、最近は休憩が取れない事も良くあります。

休暇はホワイト・ブラックで明らかに違いがでてきます。ブラックの場合は、仕事の効率も良くないため自主的に休日出勤をしたりリーダーからボランティアと言う形で半強制的に出勤をさせられ場合がほとんどです。

しかも、強制的ではないという半強制なのでリーダーにも悪気がありません。『でれる方で結構です』ご協力をお願いしますと・・・言われると部下は出るしかないですよね? 若くしてリーダーを任せられた方に非常にこういうタイプは多く気持ちのムラもあり、文句ばかり部下に言われ可哀そうにすらなってきます。

有給に関しては ホワイトは年間で消化するように指示がある場合がほとんどですがブラックの場合は、ケガなど不意の事態にしか使用できないオーラを人事部等がかもしだしています。

有給の使い方に関してそういう雰囲気がでていた場合は使えない場合がほとんどですのでご注意ください

業務内容

業務内容に関してはそんなに大差はありません。しいて上げるとすれば無理な事も気合でやろうとするのがブラック企業無理な事もみんなでなんとかするのがホワイト企業ってところでしょうか?

同じ業務内容でも会社自体での社員もモチベーションが違うわけです。与えられた仕事を個々で完結させることがチームワークと考える企業もあれば終わらない場合はみんなで協力してやり遂げようって企業もあります

ぱっとみれば前者の方がブラックに見えてしまいますが後者の方が確実にブラックなわけです。出来ない人の面倒も見なければいけないわけで協力しているように見えますがひとの尻ぬぐいをするのメインな体質になっています

ブラック企業とホワイト企業の見分け方

アットホームな雰囲気を売りにしている起業は要注意です。アットホームではありません。先ほども書きましたが人の尻ぬぐいをしなければいけない会社であり社員もスキル基本低いまま、成長もしない、定時がきても、『みんなが何とかしてくれる』 皆で協力して仕事をやり切ろうって意味不明なアットホームを売りにしていて最初はよかれと思っても、仕事になれて来てからブラックと気づく場合が多いんです。

雰囲気が良いを売りにしている企業は特に注意して見分けて頂ければと思います。ただ、それは一般的な意見であり、緩い雰囲気な会社が好きな場合はブラックではなくなります

まとめ

ブラックかホワイトか決めるのは自分自身の気持ちと能力であり、能力がないのであればブラックがホワイト企業になる場合もありえます。

能力があれば自分のやるべきことを終わらせればいいだけであり、それがチームワークでもありえるんです。やるべきことが出来るを前提にホワイトかブラックか判断するしかないんです。ホワイト起業に努めたいのであればあなた自身がホワイトな人材であることが大前提であることを認識してください

あなた自身がブラックな人材であるのならばホワイト企業には馴染むことができません。その企業にあった人材にまずなることから初めて見ることが大切であり、起業努力の前に自分自身の努力も必要なことを心のどこかに置いておきましょう

関連記事

  1. コミュ力鍛えたい方必見 コミュ力の高い人の特徴及び秘訣

    ライフスタイル

    コミュ力鍛えたい方必見 コミュ力の高い人の特徴及び秘訣

    伝えたい事を相手に伝えられていますか?今日はコミュ力について悩んでる方…

  2. 学歴なしでも簡単に一千万円を稼ぐ成功の法則

    ライフスタイル

    学歴なしでも簡単に一千万円を稼ぐ成功の法則

    今日はとにかく金に貪欲になり簡単に一千万稼ぐ方法について話していきます…

  3. 人を説得する方法、説得をする上で押さえたい項目

    ライフスタイル

    人を説得する方法、説得をする上で押さえたい項目

    生きていくうえで説得させるスキルというのは非常に重要です。本日は人の心…

  4. ブサイク男どうすれば女子にモテるのか?モテるブサメンの特徴10個

    ライフスタイル

    ブサイク男どうすれば女子にモテるのか?モテるブサメンの特徴10個

    300%イケてないのにモテてる男っているじゃないですか?今日ブサイクな…

  5. 優秀な社員は辞めていき、アホな社員だけが会社に残る!本当の理由

    ライフスタイル

    優秀な社員は辞めていき、アホな社員だけが会社に残る!本当の理由

    今日は会社の上司がアホで嫌だ、部下がアホで嫌だ!自分以外がアホに見えて…

  6. 思考力のつけ方とは?思考力を高める方法

    ライフスタイル

    思考力のつけ方とは?思考力を高める方法

    考える力が備わっている人は率先して行動することができます。言われたこと…

おすすめ記事

  1. 学歴なしでも簡単に一千万円を稼ぐ成功の法則
  2. 優秀な社員は辞めていき、アホな社員だけが会社に残る!本当の理由
  3. 人を説得する方法、説得をする上で押さえたい項目
  4. 思考力のつけ方とは?思考力を高める方法
  5. ブサイク男どうすれば女子にモテるのか?モテるブサメンの特徴10個

アーカイブ

  1. 思考力のつけ方とは?思考力を高める方法

    ライフスタイル

    思考力のつけ方とは?思考力を高める方法
  2. ブサイク男どうすれば女子にモテるのか?モテるブサメンの特徴10個

    ライフスタイル

    ブサイク男どうすれば女子にモテるのか?モテるブサメンの特徴10個
  3. 会話が面白い人の特徴と面白くない人の向け会話を面白くするコツ

    ライフスタイル

    会話が面白い人の特徴と面白くない人の向け会話を面白くするコツ
  4. 学歴なしでも簡単に一千万円を稼ぐ成功の法則

    ライフスタイル

    学歴なしでも簡単に一千万円を稼ぐ成功の法則
  5. 優秀な社員は辞めていき、アホな社員だけが会社に残る!本当の理由

    ライフスタイル

    優秀な社員は辞めていき、アホな社員だけが会社に残る!本当の理由
PAGE TOP